スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
暖かいお家に住みたいな
 2008年の暮れ、ロンドンから無事に帰国しました。
7年前に購入してあった中古の家に住み始めました。
中古の家を購入したけれど、今まで家族で住んだことはない家です。

実は、帰国する際に、旦那は他県勤務になり、単身赴任をすることになりました。
散々迷った挙句に、私と子供は関東に帰ることに。。。
帰国も押し迫った頃に決定したので、前の住人もバタバタと引越ししてもらい、
クリーニングもしないまま、私たちの荷物が運ばれ、日本での暮らしが始まりました。

築30年のこの家に住み始めて思った嫌なところ。

・狭くて使い勝手が悪い。
・収納がほとんどない。
・間取りが嫌い。生活動線が悪い。
・設備が古い。しかも、アチコチ壊れている。
・寒い
・変なにおいがする
・対面キッチンは狭くてワークトップ小さくて苦手。

逆にいいところもあります。

・玄関ホールからLDKまで続く大きな吹き抜け
・風通しは割といい


ロンドンで使っていたものを、使いたくなくなるような古い家です(笑)
帰国したら新しく使おうと思って買ったものも、出す気になれずしまったまま。
赴任した時に、家電製品も家具も譲ってしまったので、
帰国して新しく生活用品や家具を揃えなくてはいけませんが、
この家にあわせてそろえる気持ちになりませんでした。

主人の単身赴任が終わるのを待って、家のリフォームや建替えは考える予定でしたが、
結局、私が我慢できませんでした^^;

結局、2つの和室の畳はとりかえてもらい、なかった襖を5枚作り、カーテンをとりつけ。
これだけで結構な出費。
最低限の家電をそろえて、テーブルも小さいのを買いました。
車も現金で購入。

LDKの壁は私が壁紙を張りましたが、途中で力尽き・・・。
しかs、壁紙を白くすると、天井の汚れが目立つ(笑)

海外からの航空便に1ヶ月ほど遅れて、船便が届きましたが、
家が汚すぎて、誰も呼べません。
これが一番悲しかったです。
子供にも、「もう少しきれいにしたら、友達呼ぼうね」って言ってました。

仮住まいのような生活がいつまで続くのかな?
そう思ったら、毎日がストレスです。
直したいところあるけれど、建替えやリフォームするならばお金はとっておかなくちゃいけない。
家具も買えない。

・・・帰国して4ヵ月後。
ここでヘルプ。

もうダメ。
待ってられない。
ここで暮らすなら、リフォームするか、建替えしたい。

数年ぶりに帰ってきた日本。
冬を越して、毎日毎日悲しい気持ちでした。

庭もボーボーのままほうったらかしにしてました^^;
| ゆう | 【家】契約まで | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://london-blog.jugem.jp/trackback/46