スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
展示場へ
 3月の下旬。
週末を利用して関東に戻ってきていた旦那と一緒に、近所の展示場へ行ってみました。
展示場自体、初めてです。

実は今年に入って、三井のリフォームの相談会に出席したのですが、
「リフォームしたいところは?」と聞かれて
「全部」と答えたら、結構なお値段になりました。
しかも、家が傾いているので、基礎から直す必要があるかも・・・?
ということで、30年以上たっている家だし、建替えで行こうと気持ちが固まりました。

この相談会に出るまでは、「リフォームがいいのか?建て替えがいいのか?」
それで迷っていたんです。

建て替えと決まれば・・・。
よくわからないけれど、展示場に行けばいいんじゃないか?という感じでした。
家を作る時に、どこから始めたらいいのか?漠然としていたと思います。

着いてからは迷わずに、業界大手のSに入りました。
なぜなら、友達が建てて「よかったよ」といっていたから。

友達はブログを持っています。
建てている様子や建てた後のことをブログに残していて、私もずっと様子は見ていました。
その時までは、家の様子をブログでみるだけでしたが、画像も素敵でした。
直接、「Sはアフターがいいよ。ストレスなく住めて安心」とも、聞いていました。

私たち夫婦は「建てっぱなしでない、信頼できるHMがいいね」と思っていたので、ピッタリです。
ちょうど、経済状況も悪く、建築会社が倒産する厳しい時期でしたので、安定感・信頼感を
余計に求めていたのかもしれませんね。

さて、人生最初の展示場。
よくわからないままS社のモデルハウスの中を見て、説明を受け、名前など書いて出てきました。
営業の人は名刺も渡さず、お見送りも無い感じで・・・(笑)
「この客、本当に買う気あるのかな?」って思っていたかもしれませんね。

出てからは、「相手にされてないみたいだったね」と二人で言いながら展示場を歩きました。
次に入るところは決まってます。鉄骨のS。
Sは展示場に木造と鉄骨の二つのモデルハウスを持っていました。

私の友達はSの鉄骨で建てていました。
ですが、実は私はSの木造で建てた家の様子をつづっているお気に入りのブログがあったのです。
そして、ロンドンから毎日のようにその家の住まい方を拝見し、
「こういう家を建てたい!こんな風にしたい!」と思っていました。
なので、最初に、Sの木造に入ったのですね。

既に遅い時間でしたが、Sの鉄骨モデルハウス。
旦那は鉄で大きなものを作る会社にいるので、鉄を見て喜んでいましたね。
グルリとお姉さんが説明してくれ、結構、話が弾んでいました。
そして、打ち合わせを終えた営業の人と、話しをすることが出来ました。

これが初めての営業のMさんとの出会いでした。
礼儀正しくて、さわやかでスマートな青年って感じでした。
高級なレストランでスマートにサービスしてくれるウエイターみたいな印象は今でも変わりません(笑)
すごく若く見えたので、「新卒で入社して数年くらい?」なんて、私は思ってました。

このMさんが、
「Mさんは頼れる。120点満点。気が効くし、きっといい家が建つはず」と、
同じ営業である旦那が惚れるほどになるのです。
| ゆう | 【家】契約まで | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://london-blog.jugem.jp/trackback/47